2018年04月09日

ディベートバトルゲーム案

【必要人数】

・プレイヤー(2名)

・ジャッジ(1〜数名、ただし奇数が望ましい)


【使用するもの】

・キャラクターカード(全30種)

それぞれ異なる有名キャラクター(実在・架空問わず)の名前が書かれたカード。

・フィールドカード(全10種)

それぞれ異なる競技・勝負内容が書かれたカード。


【プレイの流れ】

@キャラクターカード・フィールドカードをそれぞれよくシャッフルし、裏向きのままそれぞれ山札にする。

Aジャッジ(複数の場合は代表者)がキャラクターカードの山から上から10枚を取り、表側にして両プレイヤーに見えるように並べる。(キャラクター・オープン)

Bフィールドカードの上から3枚を同様に公開する。(フィールド・オープン)

Cコイントスもしくはジャンケンでプレイヤーのピック順を決定する。

D先にピックするプレイヤーは、オープンされた10枚のキャラクターカードから1枚を選択する。(ファーストピック)

E後にピックするプレイヤーは、残りの9枚から同様に選択する。(セカンドピック)

Fファーストピックしたプレイヤーが、オープンされた3枚のフィールドカードから1枚を選択する。(フィールドピック)

Gセカンドピックプレイヤーは、ディベートの先攻・後攻を選択する。

H「ピックされたフィールドカードに書かれた競技・勝負内容について、自分のキャラクターが相手のキャラクターに勝利するだろう」という立場からディベートを行う。ディベートは以下の手順で行う。


1.先攻・後攻の順で、各プレイヤーがそれぞれ立論を行う(それぞれ1分)。

2.先攻・後攻の順で、各プレイヤーがそれぞれ反駁を行う(それぞれ30秒)。

3.ジャッジが「より説得力があったのはどちらか」という観点から判定を行う。複数の場合は多数決とする。


以上このディベートから判定までを第1ゲームとする。


I第1ゲームが終了したら、Dに戻り第2ゲームを行う。ただし、ピック順は第1ゲームと逆順で行う。また、第1ゲームでピックされたキャラクターカード・フィールドカードは以降ピックできない。

1・第2ゲーム終了時に両プレイヤーが1ゲームずつ勝利していた場合、第3ゲームを行う。ここでも、先のゲームでピックしていたキャラクター・フィールドは使用できない。


【勝敗】

2ゲーム先取したプレイヤーがそのマッチの勝利者となる。



posted by 淺越岳人 at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。